Category Archives: ニュース

クリスチャン フレンド ミニストリーの母体(もととなるキリスト教会)は何ですか?また、このミニストリーの将来の目標は何ですか?(Q&Aに追記)(2017年7月31日)

クリスチャン フレンド ミニストリーは、どんな人がどのように運営しているのでしょうか?という問い合わせが多数ありましたので、回答させていただきます。Q&Aに追記した内容は以下の通りです。

Q10. クリスチャン フレンド ミニストリーの母体(もととなるキリスト教会)は何ですか? このミニストリーの将来の目標は何ですか?(2017年5月18日追記)

A10. クリスチャン フレンド ミニストリーの母体(もととなるキリスト教会)は、クリスチャン フレンド チャーチになります。

この教会は、2011年7月より、愛媛県東温市でスタートし、2015年1月より東京都に拠点を移して教会を運営しています。

代表者である牧師は、日本人であり東京都出身、現在47歳、30歳の時に日本の神学校を卒業し10年間、伝道師として働き、41歳で韓国の神学校を首席で卒業し、牧師按手(認定)を受けました。このミニストリーのスタッフは、1名で、この牧師の妻でありこの教会の伝道師をしている者です。伝道師も、韓国の神学校を卒業しています。このミニストリーは、代表者1名、スタッフ1名の合計2名で運営されています。

クリスチャン フレンド チャーチは、本拠地を東京都、ブランチ教会が愛媛県にあります。クリスチャン フレンド ミニストリーで出会い癒された人の中に大阪府在住の方がいます。今後、3年後に大阪府でブランチ教会をスタートできるように準備しています。

クリスチャン フレンド チャーチは、特定の教団や教派に属さず、他の教会と共に教団を形成したり、他教会から支配を受けたりすることなく無所属の自己のみで存在する教会ですが、日本の他のキリスト教会との連携も必要ですので、今後、ある超教派団体に加入する準備もしています。無所属ですので、どの教団、団体からも経済的な支援は全く受けていません。牧師は、フリーのシステムエンジニアであり、短時間で収入を得ながらこのミニストリーをしています。どの教団、団体からも支援を受けていませんが、借財がなく経済的に自立して運営している教会です。

現在は、インターネットが進み、いろいろなツールで遠隔地の方々とのコミュニケーションもできるようになりましたので、東京に大きな建物を建築して、そこへみなさんに集まっていただく大型教会型の運営は必要ない時代になったと考えています。

今後、本拠地である東京に教会堂を建築する準備をしておりますが、最も重要なことは、教会堂を建築することよりも、まず、病気や問題のある方々に、神様の癒しを体験していただき、一人でも多くの方々がイエス様によって霊魂が救われていくような働きをすることです。建物は永遠ではありませんので、建物が信仰の中心ではありませんので、一人でも多くの方々が神様と出会うことができるように働かせていただきます。

そして、若い世代への伝道、養育も強化する必要がありますので、小学生、中学生、高校生、大学生のそれぞれの世代にあった教育プログラムを形成していくことを目指します。

そして、日本の主要な都市、東京に本拠地をおいて、名古屋、大阪、福岡の都市にブランチ教会を建てることができたらと思います。その他の地域の方々は、出会った方々の家庭での礼拝ができるように進めていきたいと思います。

神様の力は無限であり目標は大きく持つべきですが、あまりにもバランスを欠いた目標設定は非現実的です。目標は大きく持ちつつ、しかし、日本のキリスト教会の現状をよく分析し、戦略をたてて、祈り、進めていきたいと思います。

改めて申し上げますが、わたくしどもクリスチャン フレンド チャーチ、クリスチャン フレンド ミニストリーでは、神の癒しや問題の解決に特化した働きになります。そして、そこから若い世代を中心とした将来の働き人を養育することが目標です。

 

今後も精一杯努力し、祈り、活動を進めていきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

2017年7月31日

クリスチャン フレンド ミニストリー スタッフ一同
※エホバの証人、統一教会、モルモン教とは一切関係がありません。(聖書を重んじる正統的プロテスタントのミニストリーです。)

その他お問い合わせは⇒こちら

クリスチャン フレンド ミニストリーの情報非公開の理由(2017年7月28日)

2013年3月に、クリスチャン フレンド ミニストリーがスタートし、4年間が経過しました。このミニストリーがスタートした時、このミニストリーが信頼できるものであることを理解していただく為に、代表者やスタッフの情報、拠点などを詳細に公開していましたが、現在は情報を公開しておりません。その為に、このホームページをご覧になっている方々から、このミニストリーが信頼できるものか分別ができない、信頼できるか判断ができないというご質問をいただいてきました。

このミニストリーの代表者は、どんな人物か?正統的プロテスタントのミニストリーと言うけれど、どのような教団、組織に所属しているのか?どこの神学校の出身なのかなどのご質問があります。

しかし、あえて情報を非公開とさせていただく理由は以下の通りです。

以前、ある教会に所属している聖徒の方から相談を受けました。長い間、所属している教会で信仰生活をしているけれど、病気が癒されない、信仰生活を長年していても何も変化がないという内容でした。

このミニストリーは、神様の癒し、問題の解決がテーマですが、信仰生活を基礎からしっかり組み立てなおすことを目的としています。

神様の癒しや問題の解決を知ることによって、神様が生きておられることを体験できるように進めていくことが目標です。

神様からの癒しを受けたなら所属している教会に戻って、さらに信仰生活に励んでいただいて、教会がリバイバルしていくことにお役に立てればよいという立場で進めていました。

そして、ある教会から相談に来られていたその聖徒の方は、このミニストリーでの聖書の学びや祈りによって、結果的に癒されました。信仰を基礎から組み立て直して、神様がその聖徒の方を癒してくださったことは、本当にありがたいことでした。ただ癒されたということだけではなくて、悔い改めが何か、罪の赦しが何か、神の子としての喜びは何かということが本当によくわかり喜びに満たされました。神様がこのミニストリーを通して働いてくださったことに感謝しています。

聖書にある通りに御ことばに伴うしるしが起こったのですが、その聖徒の方が所属している教会の担任牧師先生は、これを良いこととは思わずに、このミニストリーをしている私を激しく非難し、また、他の教会の牧師先生を巻き込み私を糾弾し、裁きました。ここではその牧師先生や周りの牧師先生を非難するためにこの話をしているのではなく、その聖徒の方のように、長い間教会に行って信仰生活をしていても、神様の癒しや御ことばに伴うしるしを体験できる人は少なく、牧師が神様が生きておられることを体験できるように導くことができていないという現状があることを感じました。日本では信仰生活するには非常に困難なことが多いですが、日本だからこそ、キリスト教会で働く牧師が神様の力を体験できるように導くことが重要なことだと思いました。

私はその時に、このミニストリーを導いている私を糾弾し裁いた牧師先生方々のように、「牧師としての自分の地位と名誉だけを守るような者には絶対にならないように」決心し、ただ黙って裁きを受けました。そのような牧師先生方々と戦う意味は全くありませんし、本当に時間の無駄です。他の牧師を裁いている暇があったら、病気の人たちや問題から抜け出せない人たちの為に切に祈り、導いていくことが重要だと思いました。そのような牧師や伝道師に限って「日本は宣教が難しい」、「牧会が難しい」、「日本は霊的に難しい」、「悪霊の働きが強い」、「聖徒が成長しない」と嘆いて、愚痴をこぼしているだけに過ぎないのではないかと感じました。そして、外国から招待された有名な牧師先生の聖会に参加して自己満足しているだけに過ぎない先生が多いです。このままでは、この先何十年経過しても日本の宣教、牧会は何も変わらないと思います。私はそのような負け犬にはなりたくありません。例え、孤独になったとしても、神様からいただいた使命を全うすることだけに専念したいと思います。ただ、神様が私を使ってくださるように、そして、神様が私を通して働いてくださることを祈り実践することだけが私の使命です。一人でも多くの方が、神様が生きておられることを体験し、信仰生活がさらに良くなることを願うだけです。

このようなことがあって以来、このミニストリーでは不特定多数の方々からのご相談を受けることにかなり慎重になりました。

相談に来る方がどこかの教会に所属しているならば、その教会の担任牧師先生の承諾を受けてから来ていただくことにしました。

改めて申し上げますが、このミニストリーの目的は、日本のキリスト教会がリバイバルすること、聖徒のみなさんが神様が生きておられることを体験して、信仰生活が劇的に良くなることです。

このミニストリーの目的や趣旨が理解できない悪意を持った人たちからの非難や妨害を受けないように、このミニストリーの情報は、非公開とさせていただいております。

相談に来られる方で信頼関係が築ける方のみにお知らせしておりますので、どうかご理解をお願い申し上げます。

2017年7月28日

クリスチャン フレンド ミニストリー スタッフ一同
※エホバの証人、統一教会、モルモン教とは一切関係がありません。(聖書を重んじる正統的プロテスタントのミニストリーです。)

クリスチャン フレンド ミニストリーの活動について(2017年7月27日)

2013年3月に、クリスチャン フレンド ミニストリーがスタートし、4年が経過しました。当初は、ほとんどお問い合わせがありませんでしたが、スタートして1年6ヶ月後の2014年9月頃より、お問い合わせ、ご相談の件数が急増しました。

ご相談の件数が急増する前になりますが、活動の拠点を移転する準備の為に、2014年6月30日以降、ホームページを更新することができませんでした。詳細はお伝えできませんが、2015年1月より、活動の拠点を東京に移しました。お問い合わせいただいた方々への対応や、教会の働きが忙しくなってしまった為に、最近までホームページの更新ができませんでした。誠に申し訳ございませんでした。そして、最近になって、ようやく時間的な余裕ができてきましたので、先月の2017年5月13日(土)より、ホームページの更新を再開いたしました。

この4年間に様々な地域の方々からの問い合わせがありました。すべての地域に訪問できていませんが、今後、できるだけ訪問できるように進めていきたいと思います。

この4年間で、神様の力による様々な癒しが、さらにありましたので、少しずつですが、投稿させていただきます。

このミニストリーの特徴は、神様の癒し、問題の解決にだけフォーカスした活動になります。聖書を通して神様を知識として知るのではなく、実際に生きておられて私たちを癒してくださる、問題を解決してくださることを体験できるミニストリーです。

しかし、最近では、キリスト教の宣教において、多様化が進み、様々な伝道活動が展開されています。

例えば、英会話教室で英会話を学ぶ機会を通して英会話の先生である宣教師と出会い、その宣教師との信頼関係を築きながら聖書に触れていくことがあります。その他には、料理教室やゴスペルコンサートなども多数開催されています。韓流ブーム(韓国大衆文化のブーム)によって、韓国語教室や韓国料理教室などを通して聖書に触れる機会も多く見られます。否定はしませんが、ある特定の文化が好きな人だけとのつながりになってしまいます。

しかし、私はこのような伝道方法は使いません。なぜなら、いつも流行しているものを追い求めていかなければならないからです。私がお伝えしたい内容は文化ではなくて、永遠に変わらない聖書の内容であり、永遠に変わらない神様の癒しの力ですので、最初からダイレクトにお伝えするのが最も効果的だと考えるからです。自分が他人様に伝えたいことは、最初から正直にストレートに伝えるべきだと考えるからです。

このホームページを見た瞬間から、神様の癒しや問題の解決に関して関心のある方、関心のない方に分けられます。関心のない方は、このホームページをすぐに閉じるでしょう。関心のない方に、無理におすすめすることは本当に心苦しいですし、失礼だと思います。

しかし、神様の癒しや問題の解決に関心のある方は、さらに詳しい内容をご覧になるはずです。神様の癒しや問題の解決についてのみ情報を提供していきたいというのが、このホームページを作成した理由になります。

ですので、神様の癒しや問題の解決に関心のある方は、ぜひ、ご覧になっていただき、お問い合わせをいただきたく思います。

現在は、不特定多数の方々からの問い合わせは制限させていただいておりますが、今まで、お問い合わせいただいた方々への対応が終わりましたら、再び、受付を開始していきたいと思います。どうかご理解をお願い申し上げます。

そして、この4年間に様々な地域でお会いできたみなさまに心から感謝を申し上げます。また、祈りによって、献金によってご支援をくださる方々にも心から感謝を申し上げます。

今後も精一杯努力し、祈り、活動を進めていきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 

2017年7月27日

クリスチャン フレンド ミニストリー スタッフ一同
※エホバの証人、統一教会、モルモン教とは一切関係がありません。(聖書を重んじる正統的プロテスタントのミニストリーです。)