【Q&A】

Q1. 費用はどれくらいかかりますか?

A1. 相談を含め、聖書の学び、お祈りについて、すべて無料です。

  (この機会に聖書に関心をお持ちになって、日曜日の礼拝に参加された場合には、礼拝の中で献金の時間がございますが、自由献金ですので、強制的なものはございません。神様によって、癒されたことを神様に感謝することは、ご本人様で自ら決めていただくことです。金額もご自分で決めていただくことになっています。)

 

Q2. エホバの証人ですか?

A2. エホバの証人ではありません。わたくしどもクリスチャン フレンド ミニストリーの働きは、正統的キリスト教(プロテスタント)の信仰に基づいて運営されています。エホバの証人からの勧誘などの件でお困りの方は、ぜひご相談ください。

 

Q3. 信者(クリスチャン)にならなければなりませんか?

A3. 信者(クリスチャン)にならなければならないことはありません。聖書を通して、イエス・キリストと出会い、永遠の命が約束され、心に平安があり、肉体が癒され、環境が変わっていくことを体験して頂くことが重要です。無理な勧誘や強制的なものは、ございませんのでご心配なくご相談ください。

 

Q4. 私は、信者(クリスチャン)ではありません。相談しても大丈夫でしょうか?

A4. 信者(クリスチャン)でなくても、全く問題ありません。聖書を全く読んだことがない方でも、初めから順序だてて、わかりやすく説明いたします。お気軽にご相談ください。

 

Q5. どこで会うのですか? (2017年5月16日追記)

A5. 一番ご都合の良い場所へお伺いいたしますので、ご相談いただければと思います。当ミニストリーの拠点は、東京都です。このミニストリーには資金がたくさんあるわけではありませんので、交通費をご負担していただけたら非常に助かります。

 

Q6. 訪問はしてもらえますか? (2017年5月16日追記)

A6. もちろん、訪問いたします。当ホームページの相談予約フォームから予約をして頂き、必要な情報(お名前、お電話番号、メールアドレス)を入力して送信して頂きましたら、折り返しこちらから確認のご連絡を差し上げます。もし、病院に入院中であれば入院されている病院まで伺います。A5 でも説明いたしましたが、当ミニストリーの拠点は、東京都です。このミニストリーには資金がたくさんあるわけではありませんので、交通費をご負担していただけたら非常に助かります。

 

Q7. これは、いかがわしい宗教なんでしょうか?霊感商法ではないですか?

A7. いかがわしい宗教ではありません。また、社会問題になっている霊感商法でもありません。

今日、たくさんの新興宗教が数多く設立されています。しかし、キリスト教は、最近できたのではなく、何千年も前から記録された聖書を基礎として信仰が成り立っています。神様が啓示された聖書の言葉を信じる信仰に立っています。このクリスチャン フレンド ミニストリーは、聖書を基礎としている信仰によるミニストリーであり、キリスト教の牧師によるものです。この代表 (牧師) は、日本と韓国の神学校を卒業し、牧師選定委員により厳しい審査と試験に合格して牧師按手 (認定) を受けた者です。ご安心の上、お気軽にご相談ください。(社会問題になっている霊感商法ではありません。人間の弱みに付け込んだり、カルト集団のように、人々に恐怖を与えて縛り、多額な費用を請求したりするものではありません。)

 

 

Q8. これは、韓国系の怪しい新興宗教のグループの活動ではありませんか? (2017年5月16日追記)

A8. クリスチャンフレンドミニストリーの代表とスタッフは日本人であり、韓国系の新興宗教のグループとは一切関係がありません。お問い合わせをしていただいて、実際にお話しすればわかります。必要であれば、代表のプロフィール等、その都度情報は個別にお伝えさせていただきたく存じます。

 

Q9.他の教会に所属していますが、相談にのっていただけますか?

A9. お問い合わせいただく方が他教会に所属していらっしゃる場合は、原則、所属している教会の担任牧師先生にこのミニストリーでの対応をまずご相談していただき、承諾していただく必要があります。必要であればご相談される方と、所属されている教会の牧師先生と一緒にお話しさせていただきます。ただ、まれに、本当に悩んでいるにもかかわらず、担任の牧師先生が耳を貸さない、忙しい、あなた自身で解決するようになどと、教会員自身を孤独にされてしまうケースも見受けられます。その場合は、承諾がなくても対応をさせていただく場合もありますのでご相談ください。所属している教会があり、牧師先生が相談にのってくださる環境にあるにも関わらず、並行してあちらこちらと問い合わせをするような行動はご遠慮願います。

 

Q10. クリスチャン フレンド ミニストリーの母体(もととなるキリスト教会)は何ですか? このミニストリーの将来の目標は何ですか?(2017年5月18日追記)

A10. クリスチャン フレンド ミニストリーの母体(もととなるキリスト教会)は、クリスチャン フレンド チャーチになります。

この教会は、2011年7月より、愛媛県東温市でスタートし、2015年1月より東京都に拠点を移して教会を運営しています。

代表者である牧師は、日本人であり東京都出身、現在47歳、30歳の時に日本の神学校を卒業し10年間、伝道師として働き、41歳で韓国の神学校を首席で卒業し、牧師按手(認定)を受けました。このミニストリーのスタッフは、1名で、この牧師の妻でありこの教会の伝道師をしている者です。伝道師も、韓国の神学校を卒業しています。このミニストリーは、代表者1名、スタッフ1名の合計2名で運営されています。

クリスチャン フレンド チャーチは、本拠地を東京都、ブランチ教会が愛媛県にあります。クリスチャン フレンド ミニストリーで出会い癒された人の中に大阪府在住の方がいます。今後、3年後に大阪府でブランチ教会をスタートできるように準備しています。

クリスチャン フレンド チャーチは、特定の教団や教派に属さず、他の教会と共に教団を形成したり、他教会から支配を受けたりすることなく無所属の単立で存在する教会ですが、日本の他のキリスト教会との連携も必要ですので、今後、ある超教派団体に加入する準備もしています。無所属ですので、どの教団、団体からも経済的な支援は全く受けていません。牧師は、フリーのシステムエンジニアであり、短時間で収入を得ながらこのミニストリーをしています。どの教団、団体からも支援を受けていませんが、借財がなく経済的に自立して運営している教会です。

現在は、インターネットが進み、いろいろなツールで遠隔地の方々とのコミュニケーションもできるようになりましたので、東京に大きな建物を建築して、そこへみなさんに集まっていただく大型教会型の運営は必要ない時代になったと考えています。

今後、本拠地である東京に教会堂を建築する準備をしておりますが、最も重要なことは、教会堂を建築することよりも、まず、病気や問題のある方々に、神様の癒しを体験していただき、一人でも多くの方々がイエス様によって霊魂が救われていくような働きをすることです。建物は永遠ではありませんので、建物が信仰の中心ではありませんので、一人でも多くの方々が神様と出会うことができるように働かせていただきます。

そして、若い世代への伝道、養育も強化する必要がありますので、小学生、中学生、高校生、大学生のそれぞれの世代にあった教育プログラムを形成していくことを目指します。

そして、日本の主要な都市、東京に本拠地をおいて、名古屋、大阪、福岡の都市にブランチ教会を建てることができたらと思います。その他の地域の方々は、出会った方々の家庭での礼拝ができるように進めていきたいと思います。

神様の力は無限であり目標は大きく持つべきですが、あまりにもバランスを欠いた目標設定は非現実的です。目標は大きく持ちつつ、しかし、日本のキリスト教会の現状をよく分析し、戦略をたてて、祈り、進めていきたいと思います。

改めて申し上げますが、わたくしどもクリスチャン フレンド チャーチ、クリスチャン フレンド ミニストリーでは、神の癒しや問題の解決などに特化した働きになります。そして、そこから若い世代を中心とした将来の働き人を養育することが目標です。

今後も精一杯努力し、祈り、活動を進めていきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

2017年5月18日

クリスチャン フレンド ミニストリー スタッフ一同
※エホバの証人、統一教会、モルモン教とは一切関係がありません。(聖書を重んじる正統的プロテスタントのミニストリーです。)

※クリスチャンフレンドミニストリーはプライバシーに非常に配慮した働きをしております。よって、当ミニストリーに対する非難、妨害、どんなことをやっているのかなどの調査行為を含めた悪質な行為はご遠慮願います。

※ご相談につきましては、神様によって問題を実際に解決したいという切実な思いのある方に対して、優先的に返信させていただいております。

その他お問い合わせは⇒こちら