すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのもとにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。(2017年5月19日)

聖書には、イエス・キリストがこの地上に来てくださり、すべての重荷を負って十字架にかかって死んでくださったことが記録されています。

すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのものにきなさい。あなたがたを休ませてあげよう。わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう。わたしのくびきは負いやすく。わたしの荷は軽いからである。(新約聖書、マタイ福音書11章28~29)

今日、十字架のネックレスやペンダントを身に着けている人が多くいます。おしゃれですよね。

しかし、十字架は呪いの象徴であり、罪を犯した者が処刑される為のものです。
イエス・キリストは、神でありながらこの世に肉体を持ってきて下さり、罪がないにも関わらず、私たちのすべての罪と咎、呪い、病気、憎しみ、悲しみという重荷を負うために、身代わりに十字架にかかって死んでくださいました。 多くの人たちは、イエス・キリストが何をして下さったのかよく知りません。自分と何の関係があるのか、と気にもしていません。
ぜひ、イエス・キリストを知ってください。
イエス・キリストがあなたのすべての病、苦しみ、問題を負ってくださいました。
あとは、あなたがイエス・キリストにあなたの抱えている病、苦しみ、問題をゆだねるだけです。

イエス・キリストによって、病が癒され、問題が解決されることを心からお祈りいたします。

2017年5月19日
クリスチャン フレンド ミニストリー スタッフ一同

 

※エホバの証人、統一教会、モルモン教とは一切関係がありません。(聖書を重んじる正統的プロテスタントのミニストリーです。)

 

Comments are closed.