抗がん剤による手足のしびれが残っていたが、祈ったら癒された!(2014年6月23日)

「クリスチャン フレンド ミニストリーの働きを通して、どんな事例がありますか?どんな効果があるのでしょうか?」

というご質問を受けることがあります。

クリスチャン フレンド ミニストリーとは、クリスチャンとして、あなたの友 (フレンド) となり、苦しみ、悲しみ、病から解放されるようにするミニストリーです。

クリスチャン フレンド ミニストリーでは、

今も生きておられる神様の力によって、

1. どんな病でも癒す取り組み

2. どんな問題でも解決する取り組み

3. どんな苦しみからでも解放する取り組み

をしています。

今日は、このうちで、1.どんな病でも癒す取組の結果、どんな病が癒されたかをご紹介します。

~事例4~
◆Before◆(ある80代女性)
ある新興宗教に50年間所属し、その教えをよく守り行っていたが、20年以上も右耳が聞こえなく、ガンを患い、抗がん剤の後遺症によって、手足のしびれがあった。ひざに力が入らず、歩くことが不安定だった。首も右側に曲げることができなかった。肩から体全体が重いために、夜もよく眠れない状態が続いていた。また、生きる希望がなくなってしまっていた。
◇After◇
クリスチャン・フレンド・ミニストリーを通して、聖書を知り、人間を創造された神様の存在を知った。今も生きておられる神様による癒しを体験したいと思った。イエスのお名前によって祈ったところ、次のような癒しと心の変化があった。
・20年間患っていた右耳が聞こえるようになった。
・右側に曲げることができなかった首がよく回るようになった。
・抗がん剤による手足のしびれがなくなった。
・体全体が軽くなり、夜に熟睡できるようになった。
・ひざに力が入るようになり、よく歩けるようになった。
・生きる希望が持てるようになった。

今まで何をしても解決できなかった方、あきらめないでください。

聖書を通して神様の力と愛を体験することができます。

どうぞ、お気軽にご質問ご相談ください。(無料)

2014年6月23日

クリスチャン フレンド ミニストリー

スタッフ一同

Comments are closed.